記事一覧

東愛知ワンコリア 「朝鮮川」での朝鮮受難者慰霊祭


3・1独立運動の記念行事の一つとしてワンコリア東愛知・知立支部(支部長、阿南信義)では3月2日(日)午後1時半より愛知県安城市桜井町を流れる「朝鮮川」河敷きにて第3聯合会朱鎮台常任顧問をお迎えして地元の会員、約30名で朝鮮受難者慰霊祭が執り行われた。
朝鮮川のルーツは豊臣秀吉の第一回目(1592年、文禄の役)の朝鮮出兵の時、連れてこられた人を当時の西尾城主が「矢田川」の開さくに従事させてできた川で、その過去を知る人は、今はほとんどいない。また、労役に従事した人は、2012年の韓国エキスポ博覧会の会場となる麗水(全羅南道)出身者達であるという。
平和統一聯合の会員が以前よりこの川のルーツについて調べてきた事によって、受難者の供養をするようになった。
川に向かって受難者を慰霊する歌と冥福を祈る祈祷が捧げられた後、参加者からは「3月から韓国の麗水で在日指導者セミナーがあると聞いていますが、ここに眠る受難者の霊を故郷に連れて帰してあげたい」、「15年ほど前からこの川の名前の由来を調べて地元の人に聞いたり役所で調べたりして苦労しました。今回、麗水から連行されてきた人達と知ってこの慰霊祭をしましたが、南北の平和統一を願う朱常任顧問を迎えて実施できたことはなによりでした」などと感想が述べられた。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。