記事一覧

東京・江東区に特別養護老人「故郷の家・東京」オープン


3000人もの孤児を守り育て「木浦の母」と呼ばれた田内千鶴子氏の長男 尹基(日本名:田内基)氏が、苦労した在日の方々の終活の場として、梅干しとキムチが食べられる老人ホームを構想し、これまで大阪に2箇所、神戸と京都に計4か所、「故郷の家」を設置してきました。今回、韓国・木浦の共生園創設から88周年となる10月17日に、「こころの家族が集う高齢者福祉 故郷の家・東京竣工式」が開催され、平和統一聯合中央本部茂木福美次長、姜京姫在日平和統一祝福家庭婦人会会長らが参加しました。
韓国からは金大中元大統領婦人の李姫鎬女史、李壽成元韓国国務総理、朴洪律全羅南道木浦市長、日本からは、野中広務元内閣官房長官、山崎孝明江東区長、樋口恵子高齢社会を良くする女性の会理事長、その他区議会議員や在日のVIPなど内外の貴賓が多数参加しました。
施設は5階建てになっており、最上階は在日専用。韓国の絵などで装飾され、雰囲気があります。尹基社会福祉法人こころの家族理事長は挨拶の中で「この場が在日韓国朝鮮人の方だけなく、どの国の人でも来られる場所にしたい。『福祉は文化だ』をモットーに、それぞれの人が自由に暮らし、認め合い、共に助け合う、そんな世界を目指している」と述べました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。