記事一覧

書評 日本から「北」に帰った人の物語


1959年日本から北朝鮮に帰国する事業が行われた。この間「北」へ帰った人は9万3千人名あまり、著者もその一人である。しかも拉致被害者は別として正式に帰ってくる人の無い中で、脱北という手段を通して日本に帰り、朝総連系在日の人から伝え聞く以外余り知られていない帰国者の北での惨状を知ることの出来る貴重な読み物である。小説形式を取ってはいるが、リアルに書かれている内容は紛れもない事実であろう。今まで韓国に脱北して来た人達が書いた同様の本も映画もいくつも見てきたが、かつては共に日本で勉学した友人が、もしその主人公だったらと思うとまた違う思いをもつだろう。日朝国交の進展が気になるこの時に、地上の楽園と信じて渡った歴史の生き証人達の声に耳を傾けてみるのも必要だと思う。是非一読してほしい一冊である。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。
  2. 2019.6.13

    引きこもりという過去・現在・未来

     引きこもりという過去・現在・未来 最近、高齢者による交通事故や50代になっても社会から隔絶し...
  3. 東京都本部総会

    2019.6.12

    【東京】東京都本部総会 支部で会長人事

    東京都本部は6月9日、東京新宿区の成約ビルで結成14周年も祝しながら、総会を開催。
  4. 2019.6.12

    【近畿】龍谷大学 李相哲先生から学ぶ

    李相哲先生を囲む京都有識者時局懇談会(主催:日韓トンネル推進京都府民会議)が6月2日、京都市内のキ...
  5. 2019.6.12

    【広島】原爆の痛みから核の無い世界を訴える ひろしまサランバンカフェ

     在日同胞の人生を伺うサランバンカフェ(主催:平和統一聯合広島県本部)が6月6日広島市内で行われ、...