記事一覧

対馬を訪問 12連合会


【対馬】12連合会は8月22日、中央本部の金源植事務総長を迎えて日韓海底トンネルの経由地である対馬を訪問した。
対馬の景観
対馬の景観
今回歴史探訪には第12連合会鄭憲宇事務局長が同行した。
2人で
 午前中には日韓海底トンネル公館を訪問し、午後には事務室を兼ねた倉庫を視察した。
 現在は工事が中止となった状態だが、地質調査を含めた歴史的資料はそのままよく保管されていた。
 韓日両国間の過去の悲しみの歴史を清算して、アジア共同体、そして世界平和の出発点になるためには必ず韓日海底トンネルが成事にならなければならないという創始者(文鮮明総裁)の信念のように、2012年までは必ず工事を再開しなければならないと決意した。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。