記事一覧

対馬を訪問 12連合会


【対馬】12連合会は8月22日、中央本部の金源植事務総長を迎えて日韓海底トンネルの経由地である対馬を訪問した。
対馬の景観
対馬の景観
今回歴史探訪には第12連合会鄭憲宇事務局長が同行した。
2人で
 午前中には日韓海底トンネル公館を訪問し、午後には事務室を兼ねた倉庫を視察した。
 現在は工事が中止となった状態だが、地質調査を含めた歴史的資料はそのままよく保管されていた。
 韓日両国間の過去の悲しみの歴史を清算して、アジア共同体、そして世界平和の出発点になるためには必ず韓日海底トンネルが成事にならなければならないという創始者(文鮮明総裁)の信念のように、2012年までは必ず工事を再開しなければならないと決意した。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  2. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  3. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  4. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...
  5. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...