記事一覧

【福井】金鎮熙民団常任顧問を囲む懇談会


 福井県本部では、2月19日、在日本大韓民国民団福井県地方本部事務所二階会議室にて「金鎮熙民団常任顧問を囲む懇談会」を開催し福井県下各地より平和大使など25人が参加した。
 はじめに金常任顧問が「日韓文化交流について~観光文化サランバン福井の意義~」と題して講和をした。2010年に日韓文化交流のために設立した観光文化サランバン福井の活動の内容を説明し、この会が韓国文化を福井県民に発信する希望ある団体であることを説明した。
 初代代表の小泉剛康元県議が昨年逝去したあと遺志をついで二代目代表に就任した田村康夫県議もかけつけ挨拶した。
 李在洙平和統一聯合7連合会会長は、会合の中で「約40年前には金常任顧問と私は民団と総連の立場で激しい闘争を繰り広げた同士であり、今こうして同席して、まさに同志として過ごしていることはまさに奇跡である」と語り、参加者の共感を呼んだ。
 参加者の質問も活発に出され、参加者が観光文化サランバン福井の発展に協力することを確認し、盛会のうちに閉会した。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。