記事一覧

【石川】朝鮮半島と日本との関わりを学ぶ 天池会・勉強会開催


天池会
  平和統一聯合の白頭山ツアー参加者で結成された天池会(会長 金丙泰)が、6月15日石川県白山市のマルエーレッツ2Fで、朝鮮半島と日本との関わりを調べている歴史研究家・加端忠和先生を迎えての勉強会を開催。明治時代からの歴史や当時の新聞の写しの資料を通じながら、日本の本当の意味での反省と在日の人たちが喜んで日本で生活できることを願われる勉強会となった。
 加端氏は、若くして在日と知り合い、苦労している状況を知るようになり、彼らの救援活動を行いながら、彼らの苦しい体験の歴史が忘れ去られることのないように執筆を重ねてきたという。
 今回の勉強会では、明治時代の日本が人口増加に伴う食料不足から、その打開策として良質の米を求めて韓半島に進出した内容を中心に学ぶこととなった。当時の土地の権利に関する権利書を、加端氏は譲り受け、大事に保管しており、参加者たちに紹介した。土地の権利の関係で韓民族は小作人となり、日本の敗戦後、その権利書は引き上げの際、日本に持って来られたという。また加端氏は、日本が韓半島を統治したまさにその日の朝日新聞、毎日新聞の写しやたくさんの資料を参加者に紹介し、当時の状況について詳しく共に学ぶことができた。4時間ほどの勉強会であったが、参加者はあっと言う間に時間が過ぎたという。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。