記事一覧

【東京】新天地合唱団和動会


歌う団員
東京を中心に首都圏の会員らで構成されている新天地合唱団の和動会が、12月14日東京都新宿の成約ビルで行われ、団員ら約30人が参加した。
鄭高云団長
<挨拶する鄭高云団長>
鄭高云団長や許漢亮東京同胞支部常任顧問らの挨拶もあり指揮者の河榮敏先生、ピアノ伴奏の松本憲子先生を中心にこれまでの活動の感想を分かちあう時間を持った。新天地合唱団は、セミナーや各種イベントでの発表の機会があり、11月にはコンサートも行ったばかりだ。
2015年の1月から会員制となり、組織の再編と更にレベルアップを目指す。先代の団長も参加したが、この度、アメリカに移住するとのことで、団員らと和やかな時間を過した。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。