記事一覧

【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて


「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日に開催され、10種類のプログラムが行われるなかで、「相島の歴史セミナー」に平和統一聯合から6名が参加した。

 この相島は、鎖国政策をとっていた江戸時代においても、数少ない外交の拠点にもなっており、朝鮮李王朝との交流がなされていた。福岡県新宮町のホームページ(https://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/59,1068,177,113,html)によれば、「通信使の通り道である福岡藩は11回を相島でもてなしました。」とあり、現在もその史跡を見ることができる。

猫島とも呼ばれる相島。数箇所で朝鮮通信使の史跡を見ることができる。
朝鮮通信使 関連墓地

 一行は、「百合越浜の石碑・朝鮮通信使関連墓地」「相島大塚(120号墳)・相島積石塚群」などの朝鮮通信使関連の史跡を巡り、午後からは「スサノオは福岡に降り立った!?相島と八大龍王祭祀の謎」(講師:淤能碁呂太郎)と「朝鮮通信使・とっておきの話!」(講師:今村公亮氏)を聴講した。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。