記事一覧

『朝鮮ブーム 街道をゆく ~大坂から江戸、日光へ~』 継承すべき、朝鮮通信使の精神とは


 

継承すべき、朝鮮通信使の精神とは

 2017年10月末、通信使のユネスコ世界の記憶(記憶遺産)登録が決まって以来、ゆかりのまちでは慶祝行事を開催し、念願が叶ったことを祝った。朝鮮通信使縁地連絡協議会はユネスコ部会をつくり、通信使に関する資料を後世に残すための、ハード面に力を入れた作業に入っている。
 記憶遺産登録のコンセプトは、「平和の使節」である。通信使が往来した200年間に日朝間、東アジアに平和をもたらしたという点が受け入れられた。
 辛基秀(シンギス)先生をはじめ在日の研究者が掘り起こした通信使は、明るい未来へとつながる歴史遺産である。現代に活用できる要素を幾つも持っている。これを生かすかどうかは、通信使の精神をいかに伝えるか、その努力にかかっている。
 では、後世に伝えるべき通信使の精神とは何か。これが「江戸時代の朝鮮通信使の今日的意義」である。これについて、次の5項目をあげたい。

① 平和維持へ、国のトップが信義交わす

 江戸時代200年間、平和が維持された。通信使は「信(まこと)」を「通わす」使節というように、当時、国のトップである朝鮮国王と日本の将軍が親書(国書)を交わしたことは、平和維持のために大きな下支えとなった。
 通信使を友好使節というが、それは結果論。朝鮮王朝は秀吉の朝鮮侵略の後、日本に反省をうながす楔(くさび)をうつ狙いから、当初、使節の名称を回答兼刷還使とした。外交使節として、威厳ある、厳しい姿勢で臨んだ。

② 市民意識を変え、成熟させる

 通信使往来には、日朝に思惑があった。「文」の国・朝鮮王朝は儒学思想で、野蛮な「国」日本を教え導きたい思惑を抱く。徳川幕府は天下統一後、支配体制強化に利用したいという思惑があった。その両国の思惑も、通信使を熱烈歓迎する日本の民衆によって見事なまでに払われた。元祖韓流ともいえるブーム。これが表面的でなかったことは、儒学(イテゲ)、医学(ホジュン)の問答などからも知ることができる。

③ 「つなぐ」の精神で、誤解・誤解を解く

 朝鮮では、日本認識を変える上で、通信使行員たちからの伝聞や、彼らの残した日本使行録などが効果的だった。それを役立てたのは一部の知識人(実学者)で、彼らは感情的な敵愾心や華夷観から脱皮して日本を見詰め直し、文化的に発展する日本に対する関心を深め、多数の著作を残した。
 例えば、李瀷(イイク、1681~1763)。朝鮮王朝において、当時の朝鮮知識人の日本への無関心や固定観念から脱して、日本の幅広い分野に関心を持ち、日本社会の実相や変化に注意した。日本の技術の優秀さを認め、立ち遅れている朝鮮の技術を批判した。また、日本の武器の製造技術が進んでいることを評価した。朝鮮の技術が衰退したのは、技術を軽蔑する意識と制度のお粗末さからだと指摘する。
 日本でも、木村兼葭堂など大坂の町人学者の間で、朝鮮に親しみを感じる人たちが多く見られた。
 通信使の往来によって、相互の偏見や誤解が正され、日朝友好の輪が広がっていく。

④ 善隣友好・文化交流に寄与

 18世紀後半、日本は文化文政期の繁栄に象徴されるように、文化、商工業が発達し、朝鮮通信使の一行も、驚きを隠せないほどであった。1764年に来日した通信使・正使の趙曮(チョウム)は救荒作物サツマイモを朝鮮に持ち帰って広めたことで知られる。サツマイモを、対馬では「孝行芋」といっていたが、これが訛って朝鮮では「コグマ」となった。
 さらに趙曮は水車、舟橋、臼、堤防工事など日本の優れた技術を持ち帰った。朝鮮の実学者も、これに同調した。
 来日の度に、朝鮮通信使の客館を、儒学者、画家、医師など各界の人たちが訪ね、意見を交わし、技の交換を行った。これを通じて友情が芽生えている。
 異国の使節に感動した商人は、故郷に通信使の種をまいた。三重県分部町や東玉垣町の唐人踊り、川越の唐人揃いなどは、通信使を真似て生まれた。

⑤ 誠信の交わり

 対馬藩の外交官・雨森芳洲(1668~1755)の著作の中で、最も評価されているのは、『交隣提醒(こうりんていせい)』であろう。61歳のとき、対馬藩主に対朝鮮外交の心構えを説いたものである。その中に、今日にも通じる、次のような言葉がある。
 「互いに欺かず争わず真実を以て交わり候を誠信とは申し候」
 意味するところは、互いに「欺かず争わず」「誠信」の基本精神にたって、交際・交流を行わなければならない、行き詰ってしまうということである。
 長年、朝鮮外交にかかわった体験から、自ずとにじみ出た芳洲の言葉である。この言葉は、“日韓の懸け橋”として交流を進める上で、大切な基本理念といえる。

 

←前のページはこちら                次のページはこちら

【転載】『朝鮮ブーム 街道をゆく ~大坂から江戸、日光へ~』(朝鮮通信使と共に 福岡の会 編)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  2. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  3. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  4. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  5. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。