記事一覧

『二十一世紀の朝鮮通信使 韓国の道をゆく』 (2) 悲劇の国王・宣祖


 第14代王・宣祖(ソンジョ、在位1567~1608年)の時代は、相次ぐ国難に見舞われた激動の時代だった。波乱万丈の人である宣祖は、これがためにドラマで数多く取り上げられている。
 また、この時代、後世に名を残した人物が数多くいる。許浚(医官)、柳成龍、金誠一(以上、文官)、李退渓、李栗谷、姜沆(以上、文官で儒学者)、許蘭雪軒(詩人)、李舜臣(将軍)、休静、松雲大師(以上、高僧)、論介(妓生)、光海君、臨海君(以上、王子)などである。
 宣祖の治世下、最大の国難は豊臣秀吉の朝鮮侵攻であった。戦後、徳川家康が対馬藩を通して、日朝の国交修復と朝鮮通信使の派遣を要請してくる。
 これら乗り越えて、宣祖の治世は41年間も続いた。歴代27人の国王のうち、英祖(在位52年)、粛宗(同46年)、高宗(同44年)に続き4番目に長い統治となった。

 朝鮮王朝で、王の嫡子、嫡孫でない者で、王室の傍系から初めて王位を継承したのが、宣祖である。珍しいことである。彼は中宗の後宮・安氏の生んだ徳興君の三男(中宗の9男)だった。明宗(ミョンジョン)の死後に大統を継承することになる。
 朝鮮王朝最高の儒学者、李退渓(イテゲ、本名:李滉=イファン)の教えを受け、臣下にも恵まれながら朋党政治(現在でいう政争政治)を試みたが、壬辰倭乱を予測できなかったことなどから、名君とは評されていない。
 歴史家のなかには、宣祖に対して「士林を優遇し、国難を乗り切れるほど知略に長けていた」との評価がある一方、日本侵略(秀吉の朝鮮侵略)説があるのに民心を気遣って軍備を整えなかったこと、倭乱の際、援軍を送った中国・明との国境線にある義州まで逃げた上、戦功のある義兵将を逆に処罰したり、名将・李舜臣(イスンシン)を牽制したことなどで、“朝鮮王朝最悪の王”という悪評まである。

←前のページはこちら               次のページはこちら

【転載】『二十一世紀の朝鮮通信使 韓国の道をゆく』(朝鮮通信使と共に 福岡の会 編)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  2. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  3. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。
  4. 2019.6.13

    引きこもりという過去・現在・未来

     引きこもりという過去・現在・未来 最近、高齢者による交通事故や50代になっても社会から隔絶し...
  5. 東京都本部総会

    2019.6.12

    【東京】東京都本部総会 支部で会長人事

    東京都本部は6月9日、東京新宿区の成約ビルで結成14周年も祝しながら、総会を開催。