記事一覧

『二十一世紀の朝鮮通信使 韓国の道をゆく』 (2) 悲劇の国王・宣祖


 第14代王・宣祖(ソンジョ、在位1567~1608年)の時代は、相次ぐ国難に見舞われた激動の時代だった。波乱万丈の人である宣祖は、これがためにドラマで数多く取り上げられている。
 また、この時代、後世に名を残した人物が数多くいる。許浚(医官)、柳成龍、金誠一(以上、文官)、李退渓、李栗谷、姜沆(以上、文官で儒学者)、許蘭雪軒(詩人)、李舜臣(将軍)、休静、松雲大師(以上、高僧)、論介(妓生)、光海君、臨海君(以上、王子)などである。
 宣祖の治世下、最大の国難は豊臣秀吉の朝鮮侵攻であった。戦後、徳川家康が対馬藩を通して、日朝の国交修復と朝鮮通信使の派遣を要請してくる。
 これら乗り越えて、宣祖の治世は41年間も続いた。歴代27人の国王のうち、英祖(在位52年)、粛宗(同46年)、高宗(同44年)に続き4番目に長い統治となった。

 朝鮮王朝で、王の嫡子、嫡孫でない者で、王室の傍系から初めて王位を継承したのが、宣祖である。珍しいことである。彼は中宗の後宮・安氏の生んだ徳興君の三男(中宗の9男)だった。明宗(ミョンジョン)の死後に大統を継承することになる。
 朝鮮王朝最高の儒学者、李退渓(イテゲ、本名:李滉=イファン)の教えを受け、臣下にも恵まれながら朋党政治(現在でいう政争政治)を試みたが、壬辰倭乱を予測できなかったことなどから、名君とは評されていない。
 歴史家のなかには、宣祖に対して「士林を優遇し、国難を乗り切れるほど知略に長けていた」との評価がある一方、日本侵略(秀吉の朝鮮侵略)説があるのに民心を気遣って軍備を整えなかったこと、倭乱の際、援軍を送った中国・明との国境線にある義州まで逃げた上、戦功のある義兵将を逆に処罰したり、名将・李舜臣(イスンシン)を牽制したことなどで、“朝鮮王朝最悪の王”という悪評まである。

←前のページはこちら               次のページはこちら

【転載】『二十一世紀の朝鮮通信使 韓国の道をゆく』(朝鮮通信使と共に 福岡の会 編)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。