記事一覧

「しつけ・躾」されたのは一体どっちだろう?

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.6.1)

「「しつけ・躾」されたのは一体どっちだろう?」

先日、北海道で7歳の男の子が「しつけ」と称して山に置き去りにされ、6日ぶりに発見される事件がありました。親は軽い気持ちでしつけの為と称して子供を下して行ったのでしょう。まさか、そんな大きな事件になるとは思わずに・・・。また、大人の恥と外聞が、「しつけ」の事実を正直に話せず、「山菜取り」という言葉に取り繕ったが故に、初期行動を変えてしまったという事もあるでしょう。子供の方も本当に捨てられると思ったら泣きながら車を追いかけて行ったかもしれません。そしたら、もっと早く発見され事件にも成らずに子供を叱って終わったのかもしれません。普段から親子の信頼関係があるが故に、逆に、子供からして見たら却って親を見返(しつけ?)してやろうとの反骨心から、反対の方向へ歩いて行ったのかもしれません。しかし、何よりも少年が無事に見つかり、最悪の事態に成らなかったのは本当に幸いなことでしたが、子供をしつけると言っていた親の方が今回は大きく「しつけ」された事件だったのかもしれないと思わされた出来事でした。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  2. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  3. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  4. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...
  5. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...