記事一覧

会社の「会」と企業の「企」に思う

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.2.15)

「会社の「会」と企業の「企」に思う」

「会」と「企」は同じ「人」の中に「云」と「止」という文字が入っていますが、会社と企業を考えた時、何となく会社は人が集まって何かを相談し、ワイワイ云い合って事を進めるイメージだとすれば、企業は既に人の流れが止まってしまい、それぞれの部署が専門的に決められた事を淡々と進めていくような感じがします。「企」という言葉の意味も、「くわだてる・たくらむ、もくろむ、」など、どちらかと言うと何か良からぬ事を考えそうな感もしますね。先日、過労死で社員を亡くしたある社長が語った言葉の中に「まだ社員300人程度の会社だった頃は、こんな事は起きなかった。私は全社員と手紙のやり取りをしていましたから」と。「24時間365日休まず働け」というその社長の理念も、「働くことは生きる事」を伝えたかったと後悔を込めて語っていました。全ての企業が皆問題ありとは言いませんが、せめてどんな大企業になったとしても、人の流れが止まって死んでしまうような集団になることなく、人と人が疎通と理解で会話する事の出来る生きた集団であって欲しいと願うものです。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。
  2. 2019.6.13

    引きこもりという過去・現在・未来

     引きこもりという過去・現在・未来 最近、高齢者による交通事故や50代になっても社会から隔絶し...
  3. 東京都本部総会

    2019.6.12

    【東京】東京都本部総会 支部で会長人事

    東京都本部は6月9日、東京新宿区の成約ビルで結成14周年も祝しながら、総会を開催。
  4. 2019.6.12

    【近畿】龍谷大学 李相哲先生から学ぶ

    李相哲先生を囲む京都有識者時局懇談会(主催:日韓トンネル推進京都府民会議)が6月2日、京都市内のキ...
  5. 2019.6.12

    【広島】原爆の痛みから核の無い世界を訴える ひろしまサランバンカフェ

     在日同胞の人生を伺うサランバンカフェ(主催:平和統一聯合広島県本部)が6月6日広島市内で行われ、...