記事一覧

(広島)比治山公園で在日同胞と会員が楽しい花見


第11連合会が主催する桜の花見会が4月12日(火)広島市の比治山で行われ、第11連合会の韓昱洙会長他、在日、韓国婦人会、広島や呉の会員など合わせて、26人が参加した。
桜の花見会
当日は日和がよく、桜も満開状態。初めに韓会長が東北関東大地震について、「沢山の日本人や在日民団、在日総連の方々に犠牲が出ました」と、お悔やみの言葉を述べられ、その後、全員で黙祷を捧げた。
その後、桜の花見会が始まり、一人一人が得意の歌と踊りを披露。韓国婦人会は故郷無情を、日本人の女性達は桜シスターズと言うグループで桜という歌やチューリップという歌を披露した。
さらに全員でアリランを踊り、南北統一の歌を唄って、桜の花見会を終えた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  2. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  3. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  4. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  5. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...