記事一覧

韓日国交正常化50周年のロゴと キャッチフレーズが決定される


 今月13日付けで韓国外交部及び日本の外務省から、韓国・日本の国民交流協力を増進する記念行事を進めるとして、両政府間で使用できるロゴと標語が決定され発表されました。芸術、学術、スポーツ、社会など、幅広い分野で両国民間の交流の促進、相互理解の増進、友好関係の強化がより一層進むことが期待されています。

ロゴマーク
外務省ホームページより

 中心部分のデザインは2005年の40周年記念行事の同様で、キャッチフレーズは「共に開こう 新たな未来を」。
 日本において正式な行事登録をする民間団体は、日本外務省の日韓国交正常化50周局(外務省アジア大洋州局北東アジア課 住所:〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1 E-mail:japankorea2015@mofa.go.jp )に申請し、審査機関は少なくとも2週間程度必要です。詳細については、ホームページを参考にしてください。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。