記事一覧

韓国政府、北朝鮮人口調査事業に 130万ドル(約1億5300万円)を支援決定

ソウル聯合ニュースによれば、韓国政府は1月29日、政府庁舎で南北交流協力推進協議会を開催し、国連人口基金(UNFPA)の北朝鮮人口調査事業に対し、南北協力基金から130万ドル(約1億5300万円)を支援することを決めた。支援はUNFPAの要請に応じたもので、来年まで2年にわたり行われる予定という。

この他にも、南北間での言語の差を埋める辞典編纂のために32億2000万ウォン(約3億4560万円)も同基金から支援される。分断以降の長い年月と世代ギャップも重なり、言葉の違いはかなり大きい。この言葉の差を埋めることは将来の経済交流も含めてかなり重要なポイントと言えよう。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  2. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...
  3. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  4. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  5. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...