記事一覧

韓国政府、北朝鮮人口調査事業に 130万ドル(約1億5300万円)を支援決定


ソウル聯合ニュースによれば、韓国政府は1月29日、政府庁舎で南北交流協力推進協議会を開催し、国連人口基金(UNFPA)の北朝鮮人口調査事業に対し、南北協力基金から130万ドル(約1億5300万円)を支援することを決めた。支援はUNFPAの要請に応じたもので、来年まで2年にわたり行われる予定という。

この他にも、南北間での言語の差を埋める辞典編纂のために32億2000万ウォン(約3億4560万円)も同基金から支援される。分断以降の長い年月と世代ギャップも重なり、言葉の違いはかなり大きい。この言葉の差を埋めることは将来の経済交流も含めてかなり重要なポイントと言えよう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  2. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...
  3. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...
  4. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  5. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。