記事一覧

韓国婦人会 老人ホーム慰問レポート


如来ディサービスセンター
【如来ディサービスセンター】
 7月16日、金興林部長引率の元、日本に嫁に来た韓国婦人5人が愛知県名古屋市北区如来町にある「如来ディサービスセンター」を慰問した。この日はホーム開設6周年記念にあたり、祝賀の企画として韓国婦人会が参加した。
韓国婦人会
 午後2時から始まった慰問は、韓国の歌と踊り、日本のなつかしい歌も交えて披露された。途中で金部長による韓国の歌があり、渋い歌声に魅了される人が多くいた。また、一緒になって踊る人たちや席で聞き入る人たち、そして周りで一生懸命世話をする職員の人達が一体となって、あっという間に1時間が過ぎた。
共に歌う
 その後、参加者の一人である李聖玉さんが日本に嫁いで来てからの体験談をユーモアを交えて語られた。ご老人の中には、自分の娘とダブらせながら感激している人もいた。
 その後、ご老人らが5~6人ずつ各テーブルに分かれ、それぞれのテーブルに韓国婦人が付いて歓談した。そこに職員達が6周年の祝いのために作った手作りのケーキとコーヒーが運ばれ、和やかな雰囲気に包まれた。
 同席した男性からは、「徳川家康の鷹狩りの鷹匠をしていて500石の知行をもらった人が先祖にいて、その名字が高麗といい、自分の母方にあたる。だから自分には朝鮮の血が流れていて、今日のこういう歌を聞くのがとても好きだ。毎月でも来て欲しい。そして、こんなことを他人に話したのは初めてだ。」という話が聞けた。韓国婦人会の参加者らは、とても不思議な巡り合わせを感じていた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。