記事一覧

陶芸家・李参平14代と会談


李参平14代と会談

世界でも「IMARI」として有名で、日本伝統文化の一つ「有田焼」は韓国文化を基礎に発展・定着した代表的なもの。豊臣秀吉によって行われた文禄・慶長の朝鮮出兵で引き上げの際に何百人という職人・陶工を連れ帰り、日本で定着・発展・世界化していった。その中でも焼物の神様として尊ばれ、今でも親しまれている有田焼の「李参平」。2016年には400年目を迎える。
今回、第12連合の文源澤事務局長は、2014年12月27日、佐賀県西松浦郡の李参平14代を尋ねた。李氏が作った芸術品を見学し、堪能した後、統一運動と日韓トンネルの説明をした。
有田焼創業400年を迎えるにあたって、若手作家の力に期待が寄せられているが、原点が韓国と日本の調和した結果である芸術品であることに深い感銘を覚える。

 

李参平ホームページはこちら


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  2. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...
  3. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...
  4. 世界日報の記者との勉強会

    2018.5.17

    【北関東】世界日報記者との勉強会「LGBTが問うもの。宗教と科学の狭間で考える」

    5月13日、平和統一聯合北関東エリア(茨木、群馬、埼玉、栃木)で活動する担当者の...
  5. アジアリーダース授賞式

    2018.5.15

    アジア共同体に貢献「第4回 Asia Leaders Award」協力

    政治、経済、社会、文化等でアジア共同体形成・平和活動に貢献した個人・団体を表彰す...