記事一覧

陶芸家・李参平14代と会談

李参平14代と会談

世界でも「IMARI」として有名で、日本伝統文化の一つ「有田焼」は韓国文化を基礎に発展・定着した代表的なもの。豊臣秀吉によって行われた文禄・慶長の朝鮮出兵で引き上げの際に何百人という職人・陶工を連れ帰り、日本で定着・発展・世界化していった。その中でも焼物の神様として尊ばれ、今でも親しまれている有田焼の「李参平」。2016年には400年目を迎える。
今回、第12連合の文源澤事務局長は、2014年12月27日、佐賀県西松浦郡の李参平14代を尋ねた。李氏が作った芸術品を見学し、堪能した後、統一運動と日韓トンネルの説明をした。
有田焼創業400年を迎えるにあたって、若手作家の力に期待が寄せられているが、原点が韓国と日本の調和した結果である芸術品であることに深い感銘を覚える。

 

李参平ホームページはこちら

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  2. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  3. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  4. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  5. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...