記事一覧

錦山 文潤國先生の詩


安分(안분)
顕達貧窮各有時 현달빈궁각유시
蛟龍得雨出於池 교룡득우출어지
男兒一世能安分 남아일세능안분
他日枯榮末可知 타일고영미가지
분수를 지킴
출세하고 호강하는 것이나 빈궁하게
사는 것이나 저마다 때가 있나니
교룡도 비를 만나야 못에서 나와 승천하노라
사내 대장부는 평생 분수를 지킬 수 있어야 하느니라
타일의 영고성쇄는 알 바가 아니니라.
身を守る(安分)
出世して贅沢な生活をすることや 貧窮に
生きるということや 各々の時があるので
蛟龍も雨にあってこそ 池から出て昇天する
立派な男は一生身分を守っていかないといけない
他日の榮枯盛衰は知らなくてもいい
注:蛟龍(英雄を象徴する仮想的な動物)


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.3.17

    母親の存在と新時代をもたらす宗教

      時代を動かす思想や宗教運動がどのようにして、現れ、そして、国や社会、世界を動かすような潮流に...
  2. 2020.2.26

    人類を脅かす疫病がもたらした警告

      コロナウイルスの感染拡大が毎日のように、テレビなどのマスメディアで報じられている。
  3. 2020.2.17

    数学と文学と善悪の問題について

      芸術と数学というものは、一方が感情の分野、そして、もう一方が数式という合理的な科学的な分野と...
  4. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  5. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...