記事一覧

錦山 文潤國先生の詩

安分(안분)
顕達貧窮各有時 현달빈궁각유시
蛟龍得雨出於池 교룡득우출어지
男兒一世能安分 남아일세능안분
他日枯榮末可知 타일고영미가지
분수를 지킴
출세하고 호강하는 것이나 빈궁하게
사는 것이나 저마다 때가 있나니
교룡도 비를 만나야 못에서 나와 승천하노라
사내 대장부는 평생 분수를 지킬 수 있어야 하느니라
타일의 영고성쇄는 알 바가 아니니라.
身を守る(安分)
出世して贅沢な生活をすることや 貧窮に
生きるということや 各々の時があるので
蛟龍も雨にあってこそ 池から出て昇天する
立派な男は一生身分を守っていかないといけない
他日の榮枯盛衰は知らなくてもいい
注:蛟龍(英雄を象徴する仮想的な動物)

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  2. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  3. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...
  4. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...
  5. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...