記事一覧

西愛知地区2月度ひまわり会レポート


 2月26日(火)名古屋市富田北地域センターにおいて、愛知県西部在住の韓国から国際結婚でお嫁に来た婦人達を中心とした、2月度ひまわり会を開催。朝鮮王朝最後の皇太子、李垠殿下と日本の皇室から初めて外国の王室へ嫁いだ、方子妃をモデルにした「虹を架ける王妃」の映画上映会を行った。在日コリアン、ニューカマー、日本人等13名が参加。
 上映後、懇親会では、「国の主役は人民であり、王室という特別な立場に対しては、現在、人によっていろいろな意見があると思うが、李殿下と方子妃の夫婦愛の素晴らしさ描いた素晴らしい映画だった。」(在日2世 70歳男性) 「心打たれる映画でした。もっとたくさんの他の人達にも観ていただきたい。と思いました。」(在日2世65歳女性)等の感想が述べられた。
(記・木村光宏)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  2. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  3. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  4. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  5. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...