記事一覧

西愛知地区2月度ひまわり会レポート


 2月26日(火)名古屋市富田北地域センターにおいて、愛知県西部在住の韓国から国際結婚でお嫁に来た婦人達を中心とした、2月度ひまわり会を開催。朝鮮王朝最後の皇太子、李垠殿下と日本の皇室から初めて外国の王室へ嫁いだ、方子妃をモデルにした「虹を架ける王妃」の映画上映会を行った。在日コリアン、ニューカマー、日本人等13名が参加。
 上映後、懇親会では、「国の主役は人民であり、王室という特別な立場に対しては、現在、人によっていろいろな意見があると思うが、李殿下と方子妃の夫婦愛の素晴らしさ描いた素晴らしい映画だった。」(在日2世 70歳男性) 「心打たれる映画でした。もっとたくさんの他の人達にも観ていただきたい。と思いました。」(在日2世65歳女性)等の感想が述べられた。
(記・木村光宏)


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...