記事一覧

第15連合会 京都・今年の方針は「韓国文化普及」


 

一般社団法人訓民正音グローバル協会が開催する検定試験の合格目指して、梁善恵先生から毎週木曜日(中級講座)と土曜日(初級講座)を1時間半の授業が行われています。5年目を迎えるこの講座の生徒さんたちは驚くほど上達されています。

また、第2回サムルノリハンマダン(10月15日広島にて開催)の出場を目指して、サムルノリの練習を行っています。日本文化の中心である京都において、サムルノリを学ぶことは日韓友好を推進している本連合として有意義であり、4月から練習を継続しています。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  2. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  3. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  4. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  5. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...