記事一覧

第15連合会 京都・今年の方針は「韓国文化普及」

 

一般社団法人訓民正音グローバル協会が開催する検定試験の合格目指して、梁善恵先生から毎週木曜日(中級講座)と土曜日(初級講座)を1時間半の授業が行われています。5年目を迎えるこの講座の生徒さんたちは驚くほど上達されています。

また、第2回サムルノリハンマダン(10月15日広島にて開催)の出場を目指して、サムルノリの練習を行っています。日本文化の中心である京都において、サムルノリを学ぶことは日韓友好を推進している本連合として有意義であり、4月から練習を継続しています。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  2. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  3. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  4. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  5. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...