記事一覧

第15連合会 京都・今年の方針は「韓国文化普及」


 

一般社団法人訓民正音グローバル協会が開催する検定試験の合格目指して、梁善恵先生から毎週木曜日(中級講座)と土曜日(初級講座)を1時間半の授業が行われています。5年目を迎えるこの講座の生徒さんたちは驚くほど上達されています。

また、第2回サムルノリハンマダン(10月15日広島にて開催)の出場を目指して、サムルノリの練習を行っています。日本文化の中心である京都において、サムルノリを学ぶことは日韓友好を推進している本連合として有意義であり、4月から練習を継続しています。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  2. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  3. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  4. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...
  5. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...