記事一覧

第12連合会 講演会と歴史探訪で知識を深める


古来より韓半島(朝鮮半島)との交流が深い地域である九州北部では、日韓国交正常化50 周年を記念し、継続した講演会を福岡県福岡市南区市民センター視聴覚室で開催しています。
5 月23 日は「朝鮮通信使から学ぶ日本と韓国の文化交流は友情」と題し、廣瀬雄一先生(現佐賀県立名護屋城博物館企画普及係長、元釜山女子大学教授)が講演。6 月20 日には朝鮮通信使とゆかりの深い相島を歴史探訪し、同月27 日には「歴史の中に現れた韓国人の考え方」と題し、中川明夫先生(尚絅大学文化言語学部准教授)が講演いたしました。
いずれも日本と韓国の関係を理解して、21 世紀の平和時代を開く使命を感じて開催されたものです。学びの継続から次の段階へのステップアップが期待されます。

 

廣瀬雄一先生廣瀬雄一先生

相島の供養塔相島の供養塔

相島を歴史探訪相島を歴史探訪

中川明夫先生中川明夫先生


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...