記事一覧

第12連合会 からくに、宗像に託されたものを求めて 歴史探訪


「海の道、神宿る島、祈りの道」(主催:Peace History Road 実行委員会)と題して4~7世紀に韓国との中心的役割を担った宗像を訪ねる歴史探訪が3月28日に開催され、関係者ら24人が参加した。参加者一行は、宗像市周辺と宮地獄神社、新原・奴山遺跡などを巡り、海の道むなかた館の西谷正館長や福津市観光協会ボランティアガイドの永松春一氏などから歴史の説明を受けた。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  2. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  3. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  4. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  5. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...