記事一覧

第12連合会 からくに、宗像に託されたものを求めて 歴史探訪

「海の道、神宿る島、祈りの道」(主催:Peace History Road 実行委員会)と題して4~7世紀に韓国との中心的役割を担った宗像を訪ねる歴史探訪が3月28日に開催され、関係者ら24人が参加した。参加者一行は、宗像市周辺と宮地獄神社、新原・奴山遺跡などを巡り、海の道むなかた館の西谷正館長や福津市観光協会ボランティアガイドの永松春一氏などから歴史の説明を受けた。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...
  2. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  3. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  4. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  5. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。