記事一覧

第11連合 文総裁による北朝鮮訪問と南北統一をテーマにセミナーを開催


セミナー

 日韓国交正常化50周年記念して、第11連合会は「広島在日平和大使・統一原理1日セミナー」を広島市内で2月24日に開催し、会員ら15人が参加しました。セミナーは午前と午後の2講座で構成され、午後の講義の前には、文鮮明総裁の誕生を祝賀する時間も持たれました。
 セミナーの開催にあたり、韓昱洙第11連合会長が「今年は日韓国交正常化50周年にちなんだイベントが日本国内で多くあります。金大中元韓国大統領と北朝鮮の金正日書記との南北トップ会談から今年で15年が経ちました。早く南北統一のためのトップ会談が待ち望まれます。今年こそ、南北統一会談の枠組みが整備されますよう希望します」と挨拶しました。
 続いて山下講師による「文鮮明平和統一聯合総裁による北朝鮮訪問と南北統一」と言うテーマの講義が行われました。山下講師は、北朝鮮から正式の招請状、文鮮明総裁と金日成主席との歴史的会談、文鮮明総裁の南北統一に向けた多くの業績について講義し、文総裁が北朝鮮の幹部達に「北の『主体思想』をもっては統一できない。統一は神様がなさることである。したがって神主義、頭翼思想によらずしては統一できない。統一は私がやる。私に任せてみなさい」と命懸けで語られたエピソードを紹介しました。
 午後には、山下講師が家庭円満の秘密などについて語り、文総裁の祝福を通じて国際結婚した広島在住の盧さんの体験談を伺う時間が持たれました。「日韓の文化の違いから、始めは日本文化になじめず苦労しました」と語る盧さん。しかし盧さんは、義理の母が愛情を持って日本料理を作る姿に感動したことをきっかけに、義理の母から料理や日本文化を学び、そして日本人や日本文化を好きになっていった過程を説明しました。最後には「嫁姑の関係も円満になりました」と笑顔を見せました。文総裁の家庭の統一が基礎となっている南北統一プロジェクトのヒントを感じることができるセミナーとなりました。


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...