記事一覧

第9連合会 京都鼻(耳)塚を考える会 代表と会合


第9連合会の曺按壽事務局長を中心とした6人が、2月18日京都鼻(耳)塚を考える会・裵今漢代表の自宅を訪問し、故郷の話や近況を話しあいながら、統一に対する現在の情勢について語り合いました。
裵代表からはお餅や焼き芋、冬場の名物トンチミ(水キムチの一種)が振舞われ、懐かしい雰囲気の中で歓談が行われました。裵代表は長年、平和統一を目指し勉強を重ね努力してきましたが、現在、祖国がますます厳しい状況になっている事に失望していることを吐露されました。
曺事務局長はそのことを踏まえた上で、これまで行ってきた講演会の「南北統一の外交と経済政策」についてのDVDを紹介しました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.2.26

    人類を脅かす疫病がもたらした警告

      コロナウイルスの感染拡大が毎日のように、テレビなどのマスメディアで報じられている。
  2. 2020.2.17

    数学と文学と善悪の問題について

      芸術と数学というものは、一方が感情の分野、そして、もう一方が数式という合理的な科学的な分野と...
  3. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  4. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  5. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。