記事一覧

第8連合会 ハングル勉強会で徳野顧問の 韓国語学習について聞く


日韓の友好を目指す第8連合会の愛知県名城支部では、3月19日にハングル勉強会と南北勉強会が行われ、関係者らが10人参加しました。会では、2月に韓国で行われた文鮮明・韓鶴子総裁の聖誕祭に関する韓国のマスコミの情報や徳野英治中央本部常任顧問が韓国の週刊誌『週刊京郷』から取材を受け、通訳なしで語った内容などが紹介されました。
そのインタビュー記事は、徳野常任顧問が「文鮮明・韓鶴子総裁が『他国を愛するためには、一番先にその国の言語を学び、その国の文化、芸術、歴史を理解するのが基本である』と強調されたので、その教えを実現するために努力しました。それで47歳の時に韓国語の学習を始めて、鮮文大学に留学してまで勉強しました」と回答したことや、韓流ドラマが韓国文化を理解する上で大きく役に立ったこと、孝・烈・忠などの道徳的・倫理的深さを韓国文化に感じ、尊敬心を持つことができるようになったことを紹介するものでした。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  2. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  3. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  4. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  5. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...