記事一覧

第6連合会 第13回ふじさわ国際交流フェスティバルに協力

ピースダンス

「外国人市民と共に生きる地域社会を目指して!!」をテーマに「第13回国際交流フェスティバル」(主催:同実行委員会)が10月30日、藤沢駅北口サンパール広場で行われ、10か国以上の市民・団体が参加するなか、ステージでは太極拳、韓国民謡合唱、ダンス、フラメンコ演舞、フラダンス、洋楽、アルプホルンなどの民族楽器演奏、バリ舞踊、ラテン・ミュージック、バンドライブ、歌と手話の披露が行われ、テントブースでは世界各国民芸品や食品の販売、国際交流団体の紹介、日本語教室案内などが行われました。湘南日韓親善協会の呼びかけによって、参加した第6連合会のピースダンスチームは、民団婦人会の方々と共に参加し、韓国民謡の合唱やダンス、ブースでは韓国海苔の販売に協力しました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  2. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  3. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  4. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  5. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...