記事一覧

第5連合会 植民地時代の在日の暮らしを学ぶ(東京同胞支部)

在日韓人歴史資料館

笹原谷彦東京同胞支部長らは、10月22日在日韓人歴史資料館を尋ね、植民地時代からの在日の暮らしを学びました。展示物には、植民地時代の在日の生活様式や指紋押捺反対運動のための日本縦断自転車隊の衣装、新羅仏教全盛時の771年に完成した梵鐘のレプリカなどがあります。また、特設コーナーには「日本における韓国独立運動と日本人」特別企画展(主催:独立記念館、国家報勲処、在日韓人歴史資料館)が9月29日~10月28日の期間で開催されており、日本において展開された韓国独立運動とこれを助けた日本人たちが紹介されています。
笹原支部長は、当時、川崎に住んでいた在日同胞たちの写真を見ながら、差別や偏見が強かった時代に暮らした方々へ思いを馳せ、日韓両国の親善、在日同胞の和合、韓半島平和統一への誓いを新たにしました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...
  2. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  3. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。
  4. 日韓交流おまつり2018

    2018.9.25

    日韓交流おまつり 2018 in Tokyo レッツエンジョイコリアンカルチャー

    9月22~23日、今年10周年を迎える「日韓交流おまつり 2018 in Tok...
  5. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...