記事一覧

第5連合会 植民地時代の在日の暮らしを学ぶ(東京同胞支部)

在日韓人歴史資料館

笹原谷彦東京同胞支部長らは、10月22日在日韓人歴史資料館を尋ね、植民地時代からの在日の暮らしを学びました。展示物には、植民地時代の在日の生活様式や指紋押捺反対運動のための日本縦断自転車隊の衣装、新羅仏教全盛時の771年に完成した梵鐘のレプリカなどがあります。また、特設コーナーには「日本における韓国独立運動と日本人」特別企画展(主催:独立記念館、国家報勲処、在日韓人歴史資料館)が9月29日~10月28日の期間で開催されており、日本において展開された韓国独立運動とこれを助けた日本人たちが紹介されています。
笹原支部長は、当時、川崎に住んでいた在日同胞たちの写真を見ながら、差別や偏見が強かった時代に暮らした方々へ思いを馳せ、日韓両国の親善、在日同胞の和合、韓半島平和統一への誓いを新たにしました。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  2. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  3. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  4. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  5. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。