記事一覧

皆その時にかなって美しい

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.3.7)

「皆その時にかなって美しい」

世界で一番読まれている書物は聖書なのですが、40数年前、私は生まれて初めてその聖書というものに触れました。そして、勧められて最初に読んだ箇所が「伝道の書」というものでした。その聖句に中で、特に印象深い箇所は全てに「時」というものがあるというものでした。それ以来、「時」というものを意識するようになったのですが、人生を歩む中で、人間には生死禍福など様々な出来事があるけれども、それらの全ての背後には見えない天の何か意図があり、時があるのではないかと思うようになりました。

そして、それらの最後には全て「神のなさるわざは皆その時にかなって美しい」との言葉のように、必ず、神様が私に必要な「時」として今この時間を与えてくださっている。

と思って感謝する生活すると、人生が美しいものになるのではないかと思います。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  2. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  3. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  4. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  5. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...