記事一覧

東愛知ワンコリア 「朝鮮川」での朝鮮受難者慰霊祭


3・1独立運動の記念行事の一つとしてワンコリア東愛知・知立支部(支部長、阿南信義)では3月2日(日)午後1時半より愛知県安城市桜井町を流れる「朝鮮川」河敷きにて第3聯合会朱鎮台常任顧問をお迎えして地元の会員、約30名で朝鮮受難者慰霊祭が執り行われた。
朝鮮川のルーツは豊臣秀吉の第一回目(1592年、文禄の役)の朝鮮出兵の時、連れてこられた人を当時の西尾城主が「矢田川」の開さくに従事させてできた川で、その過去を知る人は、今はほとんどいない。また、労役に従事した人は、2012年の韓国エキスポ博覧会の会場となる麗水(全羅南道)出身者達であるという。
平和統一聯合の会員が以前よりこの川のルーツについて調べてきた事によって、受難者の供養をするようになった。
川に向かって受難者を慰霊する歌と冥福を祈る祈祷が捧げられた後、参加者からは「3月から韓国の麗水で在日指導者セミナーがあると聞いていますが、ここに眠る受難者の霊を故郷に連れて帰してあげたい」、「15年ほど前からこの川の名前の由来を調べて地元の人に聞いたり役所で調べたりして苦労しました。今回、麗水から連行されてきた人達と知ってこの慰霊祭をしましたが、南北の平和統一を願う朱常任顧問を迎えて実施できたことはなによりでした」などと感想が述べられた。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  2. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  3. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  4. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  5. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...