記事一覧

日韓友情ウォーク ソウルから東京まで歩いて制覇


日韓友情ウォーク

 

日韓友情 ウォーク

日韓国交正常化50 周年を記念して、江戸時代に朝鮮王朝が日本に派遣した朝鮮通信使の足跡をたどり、ソウルから釜山、そして東京までを52 日間をかけて歩いた「日韓友情ウォーク」の韓国と日本の参加者約150 人が最終地点である東京・日比谷公園に5 月22 日到着しました。途中の藤沢では第6連合のスタッフが、終点日比谷では中央本部のメンバーも参加者の成功を讃え、歓迎しました。

歓迎する女性たち

このイベントは、2007 年から隔都市で開催され、特に今年は一部を歩いた参加を計算すると約2600 人が参加したといいます。
閉幕式では、朝鮮通信使のユネスコ記憶遺産に共同申請することがアピールされ、歓迎した国会議員や区議会議員らのメッセージを受け、その後、韓国の参加者、日本の参加者らの紹介が行われました。

通信使の11代目の子孫にあたる呂運俊氏

特に、通信使の11代目の子孫にあたる呂運俊氏も今回52 日間で約1160 キロを歩かれました。
韓国の参加者も日本の参加者も、1つの目的と共に衣食住を過して仲良くなっており、大きなイベントを成功させた結果に体は疲れていながらも、その顔は喜びに輝いていました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  2. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...
  3. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...
  4. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  5. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。