記事一覧

日韓友情ウォーク ソウルから東京まで歩いて制覇


日韓友情ウォーク

 

日韓友情 ウォーク

日韓国交正常化50 周年を記念して、江戸時代に朝鮮王朝が日本に派遣した朝鮮通信使の足跡をたどり、ソウルから釜山、そして東京までを52 日間をかけて歩いた「日韓友情ウォーク」の韓国と日本の参加者約150 人が最終地点である東京・日比谷公園に5 月22 日到着しました。途中の藤沢では第6連合のスタッフが、終点日比谷では中央本部のメンバーも参加者の成功を讃え、歓迎しました。

歓迎する女性たち

このイベントは、2007 年から隔都市で開催され、特に今年は一部を歩いた参加を計算すると約2600 人が参加したといいます。
閉幕式では、朝鮮通信使のユネスコ記憶遺産に共同申請することがアピールされ、歓迎した国会議員や区議会議員らのメッセージを受け、その後、韓国の参加者、日本の参加者らの紹介が行われました。

通信使の11代目の子孫にあたる呂運俊氏

特に、通信使の11代目の子孫にあたる呂運俊氏も今回52 日間で約1160 キロを歩かれました。
韓国の参加者も日本の参加者も、1つの目的と共に衣食住を過して仲良くなっており、大きなイベントを成功させた結果に体は疲れていながらも、その顔は喜びに輝いていました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.2.26

    人類を脅かす疫病がもたらした警告

      コロナウイルスの感染拡大が毎日のように、テレビなどのマスメディアで報じられている。
  2. 2020.2.17

    数学と文学と善悪の問題について

      芸術と数学というものは、一方が感情の分野、そして、もう一方が数式という合理的な科学的な分野と...
  3. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  4. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  5. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。