記事一覧

文鮮明総裁の意思を相続し、南北統一へ向けて


高田馬場駅前
<JR高田馬場駅前ロータリーにて>
全国会議で集まった全国の事務総長、婦人会の支会長のうち9人が翌日5月9日、平和統一聯合創設者文鮮明総裁の留学72周年を記念して、ゆかりの地を巡礼した。
JR高田馬場駅前のロータリーで、宋幸哲第6連合会事務局長の説明を受けた参加者は、早稲田通りを通過し、総裁が当時下宿されていたあたりを観光。そして早稲田大学を巡り、新宿区の戸山公園にある箱根山へと向かった。
古地図の前
<古地図の前で>
2013050903.jpg
<文鮮明総裁留学時の下宿前>
大隈講堂前
<早稲田大学 大隈講堂前>
文鮮明総裁の恩讐をも愛される真の愛の精神を相続し、参加者たちは南北統一運動への祈りと決意を持って、出発していった。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.3.17

    母親の存在と新時代をもたらす宗教

      時代を動かす思想や宗教運動がどのようにして、現れ、そして、国や社会、世界を動かすような潮流に...
  2. 2020.2.26

    人類を脅かす疫病がもたらした警告

      コロナウイルスの感染拡大が毎日のように、テレビなどのマスメディアで報じられている。
  3. 2020.2.17

    数学と文学と善悪の問題について

      芸術と数学というものは、一方が感情の分野、そして、もう一方が数式という合理的な科学的な分野と...
  4. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  5. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...