記事一覧

文鮮明総裁の意思を相続し、南北統一へ向けて


高田馬場駅前
<JR高田馬場駅前ロータリーにて>
全国会議で集まった全国の事務総長、婦人会の支会長のうち9人が翌日5月9日、平和統一聯合創設者文鮮明総裁の留学72周年を記念して、ゆかりの地を巡礼した。
JR高田馬場駅前のロータリーで、宋幸哲第6連合会事務局長の説明を受けた参加者は、早稲田通りを通過し、総裁が当時下宿されていたあたりを観光。そして早稲田大学を巡り、新宿区の戸山公園にある箱根山へと向かった。
古地図の前
<古地図の前で>
2013050903.jpg
<文鮮明総裁留学時の下宿前>
大隈講堂前
<早稲田大学 大隈講堂前>
文鮮明総裁の恩讐をも愛される真の愛の精神を相続し、参加者たちは南北統一運動への祈りと決意を持って、出発していった。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...
  2. 世界日報の記者との勉強会

    2018.5.17

    【北関東】世界日報記者との勉強会「LGBTが問うもの。宗教と科学の狭間で考える」

    5月13日、平和統一聯合北関東エリア(茨木、群馬、埼玉、栃木)で活動する担当者の...
  3. アジアリーダース授賞式

    2018.5.15

    アジア共同体に貢献「第4回 Asia Leaders Award」協力

    政治、経済、社会、文化等でアジア共同体形成・平和活動に貢献した個人・団体を表彰す...
  4. 九州での啓蒙活動

    2018.5.14

    【九州】平和統一とピースロード啓蒙、林会長「今年は韓国へも行こう!」

    南北首脳会談を受けて、韓半島(朝鮮半島)融和ムード、統一ムードが高まっているなかで、これまで応援して...
  5. 豊田・集会参加者と共に

    2018.5.14

    【東愛知】孝情は東愛知から、共に平和統一を

    世界平和統一家庭連合の東愛知教区豊田家庭教会からの招請を受け、5月12日金源植平和統一聯合中央本...