記事一覧

文鮮明総裁の意思を相続し、南北統一へ向けて


高田馬場駅前
<JR高田馬場駅前ロータリーにて>
全国会議で集まった全国の事務総長、婦人会の支会長のうち9人が翌日5月9日、平和統一聯合創設者文鮮明総裁の留学72周年を記念して、ゆかりの地を巡礼した。
JR高田馬場駅前のロータリーで、宋幸哲第6連合会事務局長の説明を受けた参加者は、早稲田通りを通過し、総裁が当時下宿されていたあたりを観光。そして早稲田大学を巡り、新宿区の戸山公園にある箱根山へと向かった。
古地図の前
<古地図の前で>
2013050903.jpg
<文鮮明総裁留学時の下宿前>
大隈講堂前
<早稲田大学 大隈講堂前>
文鮮明総裁の恩讐をも愛される真の愛の精神を相続し、参加者たちは南北統一運動への祈りと決意を持って、出発していった。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  2. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  3. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  4. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...
  5. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...