記事一覧

文鮮明総裁と出会った在日人物像 1


故 黄七福 (1922~2014)

正修会日本会長 元在日本大韓民国民団大阪府地方本部団長

祖国の偉人・文鮮明師との出会い

 私の人生の最後の願い、それは祖国の南北平和統一である。同じ民族同胞でありながら血で血を洗う戦争をして来た悲劇、三十八度線で分断された悲劇を終わらせること、それしかない。これまで、私が述べてきたように、北朝鮮の平壌で、何の拘束もなく、自由に叫ぶことが出来る日。それこそが南北統一の日であると信じている。
これはわが地上での人生の総決算であり、韓民族の血を受け継いだ子孫として果たさなければならない義務であると同時に宿願である。
それで思い出されるのが、祖国の偉人・文鮮明師のことを知ったのは、1976年9月18日にアメリカのワシントンで開催された三十万人大会の席上だった。
その当時は、今のように韓国が世界の中で輝かしい経済力と国力を持っていた時ではなく、むしろ東洋の黄色人種の国として軽蔑され無視されていた時代だった。
そのような空気の中で、文鮮明師は堂々とみずからの信念を表明し、韓民族の栄光を表した。私はその姿に感動し、それ以来、統一運動を注視するようになった。この運動ははたして本物なのか、それとも偽者なのか。
見聞きするにしたがい、その信者の人たちとふれあうにしたがい、これは間違いなく祖国統一を果たしうる団体だと思うようになった。
私が南北平和統一を掲げる平和統一聯合に関わるようになったのは、それが嚆矢となっている。そして、会長として、二年間の任期を務め、今は第一線から退いてはいるが、名誉会長として関わり続け、陰ながら運動を支えようと思っている。
・・・ああ祖国よ 我れ平壌で叫ぶ時 祖国は統一 黄七福著より・・・


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...