記事一覧

文鮮明総裁と出会った在日人物像 1

故 黄七福 (1922~2014)

正修会日本会長 元在日本大韓民国民団大阪府地方本部団長

祖国の偉人・文鮮明師との出会い

 私の人生の最後の願い、それは祖国の南北平和統一である。同じ民族同胞でありながら血で血を洗う戦争をして来た悲劇、三十八度線で分断された悲劇を終わらせること、それしかない。これまで、私が述べてきたように、北朝鮮の平壌で、何の拘束もなく、自由に叫ぶことが出来る日。それこそが南北統一の日であると信じている。
これはわが地上での人生の総決算であり、韓民族の血を受け継いだ子孫として果たさなければならない義務であると同時に宿願である。
それで思い出されるのが、祖国の偉人・文鮮明師のことを知ったのは、1976年9月18日にアメリカのワシントンで開催された三十万人大会の席上だった。
その当時は、今のように韓国が世界の中で輝かしい経済力と国力を持っていた時ではなく、むしろ東洋の黄色人種の国として軽蔑され無視されていた時代だった。
そのような空気の中で、文鮮明師は堂々とみずからの信念を表明し、韓民族の栄光を表した。私はその姿に感動し、それ以来、統一運動を注視するようになった。この運動ははたして本物なのか、それとも偽者なのか。
見聞きするにしたがい、その信者の人たちとふれあうにしたがい、これは間違いなく祖国統一を果たしうる団体だと思うようになった。
私が南北平和統一を掲げる平和統一聯合に関わるようになったのは、それが嚆矢となっている。そして、会長として、二年間の任期を務め、今は第一線から退いてはいるが、名誉会長として関わり続け、陰ながら運動を支えようと思っている。
・・・ああ祖国よ 我れ平壌で叫ぶ時 祖国は統一 黄七福著より・・・

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  2. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  3. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...
  4. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  5. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...