記事一覧

打ち合わせの本当の意味

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.11.1)

「打ち合わせの本当の意味」

先日、テレビを見ていたら「あ、そうだったのか!」と、思わず膝を叩いてしまうような出来事がありました。それは、「打ち合わせ」という言葉が、実は雅楽の音合わせから来ていたということだったのです。最近では普通に仕事などで使われているその言葉が、遠い昔から雅楽の演奏をする時に他の楽器との音合わせや拍子の確認の為に、最終的に打楽器の音を打って合わせる事が常だったとのことで、最終的に仕事などの確認をすることを総じて「打ち合わせ」という言葉になったというのです。拍手も二つの手が一つに成って音が出るし、太鼓もバチと一つになって音が出るように、打ち合わせが上手くいけば良い音が出て、その音が共鳴して行けば多くの人の心を震わせる事が出来きるということを感じました。10月は芸術の秋です。至る所で様々な演奏会が行われて色々な音楽に触れると思いますが、その場で少しでもこの「打ち合わせ」のことを思い出してみて下さい。

因みにピアノも一応「有鍵弦打楽器」だそうです。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。