記事一覧

打ち合わせの本当の意味

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.11.1)

「打ち合わせの本当の意味」

先日、テレビを見ていたら「あ、そうだったのか!」と、思わず膝を叩いてしまうような出来事がありました。それは、「打ち合わせ」という言葉が、実は雅楽の音合わせから来ていたということだったのです。最近では普通に仕事などで使われているその言葉が、遠い昔から雅楽の演奏をする時に他の楽器との音合わせや拍子の確認の為に、最終的に打楽器の音を打って合わせる事が常だったとのことで、最終的に仕事などの確認をすることを総じて「打ち合わせ」という言葉になったというのです。拍手も二つの手が一つに成って音が出るし、太鼓もバチと一つになって音が出るように、打ち合わせが上手くいけば良い音が出て、その音が共鳴して行けば多くの人の心を震わせる事が出来きるということを感じました。10月は芸術の秋です。至る所で様々な演奏会が行われて色々な音楽に触れると思いますが、その場で少しでもこの「打ち合わせ」のことを思い出してみて下さい。

因みにピアノも一応「有鍵弦打楽器」だそうです。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  2. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  3. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  4. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...
  5. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...