記事一覧

愛知歴史文化探訪ツアー


 愛知県本部では、10月24日(金)韓(朝)日交流ゆかりの地、奈良県飛鳥地方を訪ねる歴史探訪ツアーを行った。参加者は、在日コリアン、日本人等合わせて22名。
 午前9時前に名古屋駅に集合。マイクロバスで一路、飛鳥へ。途中、古代の韓(朝)日交流史に詳しい、南碩煥 愛知県本部副会長より百済伝来の仏教の普及と国家体制の確立に大きな功績のあった聖徳太子に関する解説があり、正午過ぎに飛鳥歴史公園館に到着。
 昼食後、タッチパネル等を通し、古代東アジア文化の結集地、飛鳥の概要を確認した後、高松塚壁画館、高松塚古墳を見学。被葬者が、朝鮮半島系王族との説もあり、有名な壁画や副葬品等から朝鮮半島及び中国の強い影響を見ることができた。今回見学できなかったキトラ古墳は高句麗の文化的影響が極めて強いと言われている。
2008102401.jpg
 その後、橿原考古学研究所付属博物館を見学。ちょうど秋期特別展開催中で、飛鳥京跡の発掘調査の成果とともに同時代の東アジアの都城遺跡の最新調査研究についても紹介しており、貴重な遺跡資料を通して、飛鳥と新羅・百済・高句麗や中国等との深い文化交流の跡を確認することが出来た。
2008102402.jpg
 参加者からは、「もう一度来てじっくり学びたい。良い機会を与えてくれた。」(日本人 57歳 男性)「博物館に来て感銘を受けたことはなかなかない。歴史をひもとくと韓日や中国の縁の深さを再確認することができる。」(在日コリアン42歳男性)などの感想を寄せられた。
(記・木村光宏)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。