記事一覧

安重根義士の義挙100年経過にちなみ「映画鑑賞会」開催


南愛知ピースワンコリアの集い開催
 4月18日、愛知県東海市勤労センターの会場において安重根義士の義挙百年経過にちなんで、映画「安重根と伊藤博文」の鑑賞会が開かれた。在日コリアン、日本人等約30人が参加した。
鑑賞会
 6月に県本部主催で安義士のシンポジュウムを予定されているが、それに先立ち予備知識を得るために企画されたものだ。映画では当時の韓国が日本に併合されていく経緯や様子がとても理解しやすく演じられていた。
 参加した在日一世は、若き時代を回想するが如くに真剣に見入っていた。薄れ掛けていた祖国に対する思いを新たにしたという感想も述べらた。日本人には心痛い場面が多く出てきたが、歴史の真実を教えられ、安義士の強烈な愛国心に感動させるとともに、改めて韓日関係を考える機会となった。
南愛知地区事務局


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  2. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  3. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  4. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  5. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...