記事一覧

安重根義士の義挙100年経過にちなみ「映画鑑賞会」開催


南愛知ピースワンコリアの集い開催
 4月18日、愛知県東海市勤労センターの会場において安重根義士の義挙百年経過にちなんで、映画「安重根と伊藤博文」の鑑賞会が開かれた。在日コリアン、日本人等約30人が参加した。
鑑賞会
 6月に県本部主催で安義士のシンポジュウムを予定されているが、それに先立ち予備知識を得るために企画されたものだ。映画では当時の韓国が日本に併合されていく経緯や様子がとても理解しやすく演じられていた。
 参加した在日一世は、若き時代を回想するが如くに真剣に見入っていた。薄れ掛けていた祖国に対する思いを新たにしたという感想も述べらた。日本人には心痛い場面が多く出てきたが、歴史の真実を教えられ、安義士の強烈な愛国心に感動させるとともに、改めて韓日関係を考える機会となった。
南愛知地区事務局


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。