記事一覧

『二十一世紀の朝鮮通信使』 はじめに


はじめに

 朝鮮通信使は江戸時代、日朝を結んだ外交使節であった。
 1607(慶長12)年から 1811(文化8)年まで、計12回にわたり来日し、朝鮮ブームを巻き起こした。それほど大きなインパクトを日本社会に与えた。
 では、当時、朝鮮通信使は何を日本にもたらしたか、その役割は何だったのか。

 「朝鮮通信使と共に 福岡の会」結成にあたり、そのような基本的なことを確認したい。いうならば朝鮮通信使の精神は、何だったのかを鮮明にすることは、会の活動を進める上で欠かせないと思うからである。最初に、要点だけを記しておきたい。

鎖国体制が時代を覆っていた当時、朝鮮は通信使を通じて、日本国内の実情を把握、認識した。日本は、釜山の草梁倭館に滞在する対馬藩士から朝鮮の情報を得た。お互い外交チャンネルを持つことで、誤解や偏見を解消していった。
 18世紀後半から19世紀前半にかけて、朝鮮では一部の実学者の間で従来の政治・軍事中心の日本への関心が減少し、代わりに文化への関心が大きくなった。朝鮮通信使の往来が、これをもたらした。華夷観から脱皮して発展していった、日本文化に対する関心の増大が大きく左右した。
 この時代、朝鮮通信使の往来によって、日本社会の様子や文物が朝鮮の知識人に紹介され、彼らの日本認識を改める上で役立った。日本は、通信使がもたらす文物によって、先進文化に触れることができた。

 民際交流の大切さが叫ばれて久しい。なぜ、それが必要なのか。人の往来・交流、友好活動は、人のもつ固定観念や偏見を変え、誤解を正し、真の日韓友好に寄与できることは間違いない。国境を超え、お互いを支え合う良好な関係があってこそ、「日韓関係」は進化していく。日韓、さらにアジアの発展を促す上で、求められているのは、朝鮮通信使の精神であり、それを体現した「21世紀の朝鮮通信使」ではないだろうか。
 「21世紀の朝鮮通信使」という自覚を会員諸氏に抱いていただくために、この小冊子をまとめた。日頃の学びの基本にしていただければ幸いである。

                          次のページはこちら

【転載】『二十一世紀の朝鮮通信使』(朝鮮通信使と共に 福岡の会 編)
 嶋村初吉氏の許可を頂きました

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。
  2. 2019.6.13

    引きこもりという過去・現在・未来

     引きこもりという過去・現在・未来 最近、高齢者による交通事故や50代になっても社会から隔絶し...
  3. 東京都本部総会

    2019.6.12

    【東京】東京都本部総会 支部で会長人事

    東京都本部は6月9日、東京新宿区の成約ビルで結成14周年も祝しながら、総会を開催。
  4. 2019.6.12

    【近畿】龍谷大学 李相哲先生から学ぶ

    李相哲先生を囲む京都有識者時局懇談会(主催:日韓トンネル推進京都府民会議)が6月2日、京都市内のキ...
  5. 2019.6.12

    【広島】原爆の痛みから核の無い世界を訴える ひろしまサランバンカフェ

     在日同胞の人生を伺うサランバンカフェ(主催:平和統一聯合広島県本部)が6月6日広島市内で行われ、...