記事一覧

中央本部 最近の日朝関係と北朝鮮の現実をテーマに平和統一研究会を開催


第三回平和統一研究会が(主催:平和統一聯合)2月20日、新宿区立大久保地域センターで開催され、日本人と在日の学者、言論人など24名が参加し、「最近の日朝関係と北朝鮮の現実」をテーマに講演と討論を行いました。
講演者は、「日朝関係において北朝鮮は日本との関係で経済的打開を図っている。しかし、拉致問題が進んでいない」と拉致問題について質問を投げかけました。また、自分の目で見て撮った写真を見せながら北朝鮮の現実について述べました。ヤギの親子の写真では、母ヤギのお乳をカバーして子ヤギが飲めないようにしていること示し、北朝鮮の食糧問題の深刻さを示しました。その後、参加者は感想と意見を述べあいました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  2. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  3. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  4. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  5. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...