記事一覧

中央本部 カヤグムリサイタルを鑑賞


カヤグムリサイタル

10 歳から学校のサークル活動でカヤグムに出会い研鑽を積んで、2001 年に金剛山歌劇団に入団し、北朝鮮で行われた2014 年第21 回2.16芸術コンクール チタン楽器部門で第3位を受賞した金栄実さんのリサイタルが、東京都の銀座ヤマハホールにて行われ、中央本部関係者ら10 名が朝鮮民族の芸術を鑑賞しました。
リサイタルは2部構成で行われ、1部では19 世紀末に作曲された「伽耶琴散調」と「平城の春」が功勲俳優の河栄守氏のチャンゴの伴奏で行われました。2部では民族楽器の組み合わせや女性独唱、チャンセナプ独奏なども披露され、金栄実さんは独自の演奏スタイルであるスタンドプレイを取り入れ、時に美しく、時に激しく音色を奏でました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。