記事一覧

世界日報にセミナーの記事が掲載される


世界日報 2019年3月18日号より

3月16日、東京都渋谷区の勤労福祉会館で開催された月例セミナー(主催:平和統一聯合 東京連合会、後援:平和大使協議会)の記事が世界日報に掲載された。

東京連合会は、毎月、平和統一運動や日韓トンネル推進について、右派・左派の垣根を越えた有識者を招いて学びの場を持ってきた。今回は、統一日報主幹の
洪熒 (ホン・ヒョン)氏と宮塚コリア研究所代表の宮塚利雄氏を講師に招いたもので「ドナルド・トランプ大統領・金正恩朝鮮労働党委員長会談後の韓国情勢」と題して行われたものだ。

(世界日報の見出しでは「文大統領は韓米同盟の敵」と表現されたが、このセミナーはあくまで講師の主張や見識を学ぶもの)

詳細については、別記事にて。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  2. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  3. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  4. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。
  5. 2019.3.1

    3・1独立闘争100周年を迎えて

    3・1独立闘争100周年を迎えて卞宰洙[I] 3・1独立闘争の経緯と意義・...