記事一覧

ハングルの仕組み


韓国語・朝鮮語の文字のことを「ハングル 한글」と言います。ハングル「한글」の「한」は「唯一」また「偉大な」と言う意味で、「글」は文字と言う意味です。 朝鮮時代の4代目の王様である世宗大王は、それまで使われていた漢字が韓国語と構造が異なる中国語表記であるために、多くの国民は難しくて、伝えたい言葉を書くこともできず、学び使うことができない事実をもどかしく思っていました。漢文で書かれていた法律を読めなくて、罪だと知らずに罪を犯してしまう事も多くあったと言われています。世宗大王は、そのような国民の為に学者達を伴って方言や子供の言葉まで観察、研究、分析し、世宗25年(1443)に韓国語の表記に適した文字体系を完成させました。そして1446年、それを「訓民正音:国民に教える正しい音」として頒布しました。そして大韓民国国宝70号の『訓民正音解例本』の古文書が、文字を作った背景と原理が記録されており、1997年10月ユネスコ世界記録遺産に登録されました。

 

 

ハングルは「子音」と「母音」の組み合わせで構築されています。

例)가구(家具)と약속 (約束)

仕組みは次のような4つがあります。

 

1) 가[カ]

k a
初声 中声

2) 구[ク/グ]

k 初声
u 中声

3)약[ヤク]

無音 ya
k

 4) 속[ソク]

s 初声
o 中声
k 終声(パッチム)

 

子音:初声(最初の音)+母音:中声(真ん中の音)+子音:終声(パッチム)(最後の音)が集まって一つの音節を表現します。

音節には必ず母音が入っており、子音字20個と母音字21個による創製原理を理解しつつ、基本子音5個と基本母音6個を覚えると残りの子母字はすぐ覚えることができます。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  2. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...
  3. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...
  4. 世界日報の記者との勉強会

    2018.5.17

    【北関東】世界日報記者との勉強会「LGBTが問うもの。宗教と科学の狭間で考える」

    5月13日、平和統一聯合北関東エリア(茨木、群馬、埼玉、栃木)で活動する担当者の...
  5. アジアリーダース授賞式

    2018.5.15

    アジア共同体に貢献「第4回 Asia Leaders Award」協力

    政治、経済、社会、文化等でアジア共同体形成・平和活動に貢献した個人・団体を表彰す...