記事一覧

【4連合会】在日歴史探訪 松代を巡る


 祖国統一の決意を新たにする第4連合会は、光復節(終戦記念日)をもうすぐ迎えるにあたって7月23日、「在日歴史探訪松代を巡る」と題し、長野県松代を訪ね、統一祈願をした。青木薫平和統一聯合第4地区会長を中心に遠くは栃木、群馬から総勢28人が参加した。
在日歴史探訪松代を巡る
 松代大本営は、大日本帝国生き残りのために多くの韓国人が徴用され、犠牲となった場所である。参加者は詳しい説明を受けながら、当時の状況がどのようなものであったかを知ることができた。6ヶ月で6kmという岩盤を発破により砕き、爆風で土煙が立ちこめていても、作業を休むこともさせられなかった内容を聞き、参加者の胸にはどうしようもなくこみ上げてくる悲しみがあり、地下壕の行き止まりで、円になり統一の歌を歌った。
統一の歌を歌う
 慰霊のシーンでは韓国牧師が祈祷を捧げ、参加者らは祖国が分断されたしまった悲しみを拭うために、祖国統一の決意を強く持った。
記事 衣川


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  2. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  3. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  4. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  5. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。