記事一覧

【茨城】茨城朝鮮初中高級学校でバザー 茨城会員が参加


茨城会員が参加
 秋晴れの天気に恵まれた11月3日、茨城朝鮮初中高級学校で、「ウリハッキョバザー」が開催された。
 学校も今年、創立60周年を迎え、近年、毎年行われているバザーも地元にすっかり定着し、たくさんの人でにぎわっている。平和統一聯合第3連合会の茨城メンバーも、友好を兼ねて毎年楽しみに訪問し、今年も参加してきた。学校の先生方とも顔なじみとなり、再会を喜ぶことができた。
文化公演
文化公演
文化公演
 毎年感動するのは、体育館で行われる生徒たちの文化公演である。舞踊や歌、楽器演奏の出し物だが、よく練習も重ねられていて、とてもレベルが高い。皆、舞台にくぎづけとなってしまい、拍手喝采である。最後に、生徒の一人が代表挨拶をした。「これからも、日本の皆様と交流を深め、ともに生きて参ります。今日は、ありがとうございました」と。
 拉致問題のため、朝鮮学校が高校無償化の対象から、はずされたりと、生徒たちは日本社会で肩身の狭い思いをしながら生きている。そこで、学校側も本国の北朝鮮ばかりを頼らず、日本人とともに生きていく道を選択し努力されている。純粋で将来に夢や希望をもつ生徒の姿は、日本の学校の生徒たちと少しも変わらない。私たちも政治的な偏見ではなく、正しく学校と生徒たちを見つめて理解しあう必要があるだろう。
 公演を終えた生徒たちの、すがすがしい笑顔に見送られて、私たちも帰路についた。
記事 角田


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...