記事一覧

【広島】第154次を迎える清掃奉仕活動


清掃奉仕活動
広島・長崎は太平洋戦争時に米軍によって落とされた世界で唯一の原爆被害地である。もちろん、その犠牲者の中には韓国・朝鮮人も多くいたという。その犠牲者を慰めるべく、第11連合会(広島)では継続して上記の慰霊碑の周りを清掃奉仕活動をしている。6月5日のこの日は雨の中であったが、10名が参加し活動を行った。二度と戦争と原爆の被害が無い世界を作るために集まった会員らの顔は笑顔であふれていた。


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...