記事一覧

【広島】第154次を迎える清掃奉仕活動


清掃奉仕活動
広島・長崎は太平洋戦争時に米軍によって落とされた世界で唯一の原爆被害地である。もちろん、その犠牲者の中には韓国・朝鮮人も多くいたという。その犠牲者を慰めるべく、第11連合会(広島)では継続して上記の慰霊碑の周りを清掃奉仕活動をしている。6月5日のこの日は雨の中であったが、10名が参加し活動を行った。二度と戦争と原爆の被害が無い世界を作るために集まった会員らの顔は笑顔であふれていた。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...
  2. 世界日報の記者との勉強会

    2018.5.17

    【北関東】世界日報記者との勉強会「LGBTが問うもの。宗教と科学の狭間で考える」

    5月13日、平和統一聯合北関東エリア(茨木、群馬、埼玉、栃木)で活動する担当者の...
  3. アジアリーダース授賞式

    2018.5.15

    アジア共同体に貢献「第4回 Asia Leaders Award」協力

    政治、経済、社会、文化等でアジア共同体形成・平和活動に貢献した個人・団体を表彰す...
  4. 九州での啓蒙活動

    2018.5.14

    【九州】平和統一とピースロード啓蒙、林会長「今年は韓国へも行こう!」

    南北首脳会談を受けて、韓半島(朝鮮半島)融和ムード、統一ムードが高まっているなかで、これまで応援して...
  5. 豊田・集会参加者と共に

    2018.5.14

    【東愛知】孝情は東愛知から、共に平和統一を

    世界平和統一家庭連合の東愛知教区豊田家庭教会からの招請を受け、5月12日金源植平和統一聯合中央本...