記事一覧

【四国】平和統一原理セミナー


 朝鮮半島(韓半島)の平和統一を願う第10連合会は、2011年9月24日四国中央市福祉会館で平和統一原理セミナーを開催し、会員ら234人が参加した。平和統一聯合創設者である文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁の思想をはじめとして、韓日の歴史を通じた在日コリアンの立場を学び、南北統一を再度決意するセミナーとなった。
 セミナーでは、美馬秀夫第10地区(四国)会長による主催者挨拶、金源植(キム・ウォンシク)中央本部事務総長の激励辞、来賓挨拶と続き、宋榮渉(ソン・ヨンソプ)平和統一聯合諮問会議議長による3講座がもたれた。宋議長は文総裁の基本的な思想と理念をわかりやすく解説し、参加者は平和統一運動に積極的に同参する姿勢を見せた。昼食を挟み、竹内清治講師による「韓日宗教史と南北統一」の講義が行われた。竹内講師は、韓日の係わりを歴史的に解説され、南北統一の必然性を訴えた。その後、金顯辰(キム・ヒョンジン)地区事務局長が「摂理の目から見た在日コリアン」と題して講義を行った。金地区事務局長は、「在日コリアンの立場、悲しみ、恨を理解し、彼らを愛することが南北統一、世界平和を成す第一歩である」と強調した。
 セミナーの最後には、在日平和統一婦人会がチマチョゴリ姿で登場し、参加者全員が手をつないで、「ウリエソウォン(統一の歌)」を歌って幕を閉じた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  2. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。
  3. 2019.3.1

    3・1独立闘争100周年を迎えて

    3・1独立闘争100周年を迎えて卞宰洙[I] 3・1独立闘争の経緯と意義・...
  4. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  5. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...