記事一覧

【和歌山】「アリランまつり」 近畿連合会など協力


 2月12日、和歌山市・北コミュニティーセンター多目的ホールにて、第8回「アリランまつり」が、同実行委員会主催、平和統一聯合近畿連合会・平和統一聯合和歌山県本部・わかやま平和交流会の協力で開催された。
 これは韓国の文化をより多くの人達に紹介しながら、在日同胞間の交流や日本人と在日間の交流を促進する目的で毎年行われている。
 最初に有本浩久・実行委員会代表の主催者挨拶があり、続いて曺按壽・在日本大韓民国民団大阪府住吉住之江支部副団長の来賓祝辞があった。
 そして、李奉大・平和統一聯合和歌山県本部副会長、曺按壽氏、有本浩久氏による「平和ビビンバ」の行事が行われた。
 続いて、「400年前の朝鮮を救った『沙也可』という日本人」というテーマで、「和歌山県大邱友好会及び雑賀衆・沙也可で街おこしの会」会長の辻健氏が記念講演を行った。
 和歌山と韓国との歴史的な関係について、たいへん興味深い内容で皆熱心に聞き入っていた。
 会場には100人以上の人達が集い、準備された様々な韓国料理を味わいながら、歓談する時間を楽しく過ごした。
 また、平和統一聯合近畿連合会・和歌山県本部の結成から7年間の記録映像が上映された。
 ステージでは、「サラン合唱団」の子供達による韓国の歌、「オモニ合唱団」によるコーラス、平和統一聯合近畿連合会の農楽団「ウリソリ」によるサムルノリの演奏など韓国の歌や舞踊などが次々に披露され、美しい民族衣装を着て踊る姿に皆目を奪われていた。
 フィナーレでは会場のほとんどの人が立ち上がり、韓国の歌に合わせて自由に踊りながら輪になって会場全体がひとつになった。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...
  2. 世界日報の記者との勉強会

    2018.5.17

    【北関東】世界日報記者との勉強会「LGBTが問うもの。宗教と科学の狭間で考える」

    5月13日、平和統一聯合北関東エリア(茨木、群馬、埼玉、栃木)で活動する担当者の...
  3. アジアリーダース授賞式

    2018.5.15

    アジア共同体に貢献「第4回 Asia Leaders Award」協力

    政治、経済、社会、文化等でアジア共同体形成・平和活動に貢献した個人・団体を表彰す...
  4. 九州での啓蒙活動

    2018.5.14

    【九州】平和統一とピースロード啓蒙、林会長「今年は韓国へも行こう!」

    南北首脳会談を受けて、韓半島(朝鮮半島)融和ムード、統一ムードが高まっているなかで、これまで応援して...
  5. 豊田・集会参加者と共に

    2018.5.14

    【東愛知】孝情は東愛知から、共に平和統一を

    世界平和統一家庭連合の東愛知教区豊田家庭教会からの招請を受け、5月12日金源植平和統一聯合中央本...