記事一覧

第14連合会 映画鑑賞で北朝鮮の理解を図る


映画を通じて北朝鮮の現状認識と理解を図ろうと、第14連合会千葉県本部と船橋支部が3月9日、映画鑑賞会及び船橋支部定期集会を行いました。参加者からは「映画を見てただただ胸が痛くなるだけでした。このような現状を解決するために我々ができることは何かを改めて考えさせられました」と感想が述べられました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  2. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...
  3. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...
  4. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  5. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。