記事一覧

第11 連合 ひろしまサランバンで在日韓国人の人生を伺う

ひろしまサランバン

第11連合は、3回目となる座談会を広島市内の会場で行い、在日韓国人の金林政子さんの人生についてお話を伺いました。
金林さんは1939年に広島で誕生。現在は76歳。男2人、女2人の4人兄妹の長女として生まれ、30代で結婚し、その後1 年で離婚。娘さんが1 人居られます。金林さんは、子供の頃から通称名を使用し、特に朝鮮人差別を受けた記憶は無いと言います。ご両親が亡くなられてからは、昼夜働き、兄弟たちを助ける生活を送られました。60 代のころ、平和統一聯合の韓国婦人の会員と出会い、平和統一聯合のセミナーに参加するようになり、今では「平和統一聯合のメンバーが友達だ」と言います。セミナーを学び、韓国婦人たちとも触れ合い、交流する中で次第に韓国人としてのアイデンティティが芽生え、ハングルを勉強したいと思うようになりました。「これからもう一度結婚して幸せを見つけたい」と明日への希望を語っています。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  2. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  3. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  4. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...
  5. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...