記事一覧

第11連合会 広島大韓民国領事と共に犠牲者への祈り 王泊ダム慰霊祭


広島県山県郡王泊ダム現場で1934年8月4日、火薬による爆発で25人が死亡する事故が起き、犠牲者の中には多くの朝鮮半島出身者が含まれていました。
王泊ダム朝鮮人犠牲者追悼有志の会(韓昱洙会長)と中国地方本部はこのダムの事故の犠牲者らを慰霊するため、11月12日に李載雄駐広島大韓民国領事と共に平和統一聯合の会員など16人が参加し鎮魂の祈りを捧げました。
李領事は挨拶の中で「民間レベルでこのように念入りに慰霊祭を休まずしてくださるので、国を代表して感謝を申し上げる」とし、今後の慰霊祭に執務期間中はもれなく参加する意向を述べました。

2015111214

2015111216

2015111218

2015111217
慰霊の後には、紅葉の色が鮮やかな深入山でひと時を過ごしました。

2015111225


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...