記事一覧

第11連合会 広島大韓民国領事と共に犠牲者への祈り 王泊ダム慰霊祭


広島県山県郡王泊ダム現場で1934年8月4日、火薬による爆発で25人が死亡する事故が起き、犠牲者の中には多くの朝鮮半島出身者が含まれていました。
王泊ダム朝鮮人犠牲者追悼有志の会(韓昱洙会長)と中国地方本部はこのダムの事故の犠牲者らを慰霊するため、11月12日に李載雄駐広島大韓民国領事と共に平和統一聯合の会員など16人が参加し鎮魂の祈りを捧げました。
李領事は挨拶の中で「民間レベルでこのように念入りに慰霊祭を休まずしてくださるので、国を代表して感謝を申し上げる」とし、今後の慰霊祭に執務期間中はもれなく参加する意向を述べました。

2015111214

2015111216

2015111218

2015111217
慰霊の後には、紅葉の色が鮮やかな深入山でひと時を過ごしました。

2015111225


関連記事

ピックアップ記事

  1. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...
  2. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  3. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  4. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  5. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。