記事一覧

第11連合 韓国サムルノリ第一人者 李栄光団長の指導を受ける


サムルノリ講習
韓国を代表する楽団「サムルノリ・モルゲ」。その李栄光団長が「山陰サムルノリ」の長廻政志代表の招請により、奏法講習会が松江市西川津町の市国際交流会館で行われ、愛好家161人が参加し、そのうちの5名は広島のサムルノリ「ハンソリ」より参加しました。また、講習会の様子は島根新報によって報道されました。新聞によれば、李団長は「国交正常化50周年を迎え、両国の文化を理解し合うことは大切。日本でサムルノリが広まるのはうれしい」と語りました。参加した尹致重事務局長は「あまりにも上手に演奏される李団長の指導に、心にグサリと突き刺さり感動しました」と感想を述べました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  2. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。
  3. 2019.3.1

    3・1独立闘争100周年を迎えて

    3・1独立闘争100周年を迎えて卞宰洙[I] 3・1独立闘争の経緯と意義・...
  4. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  5. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...