記事一覧

第8連合会 日本と韓国の比較文化論を学ぶ

藤田小百合さん

藤田小百合さん 韓国の人気スター。韓国のレギュラー番組だけでも5~6番組を超える。東京都出身の日本人。

 

豊田支部は、韓国と日本の相互理解を深めようと、韓国TVで活躍している藤田小百合さんの「火の国、韓国と水の国、日本」の題材をテーマに比較文化論を学ぶ「東愛知勉強会」を4月19日に開催し、関係者ら6名が参加しました。
勉強会では参加者がそれぞれ経験してきた内容を述べ、相互理解のための話し合いの時間を持ち、長所と短所を見つめ、視野を広めることができました。
参加した在日三世の方は「韓国との試合になったら自分は韓国より、ついつい日本を応援してしまう。3世になってくると兄弟の中にも帰化者が出てしまい、友達の中にも帰化者が増えている」とし、「世の中に火が必要であれば、また水も必要であるように、火のような韓国人も水のような日本人も必要だ」と意見を述べました。一方、「韓国人がものをはっきり言うのは国柄なのでそれは仕方がないが、相手を見ながら言ってこそ通じ合うのではないか」という提案や、「韓国人と日本人を合わせて割る2にしたら丁度良いのではないか」というような冗談話もありました。司会役を務める劉永夏事務局長は「このような内容を踏まえて活動を進め、日韓親善や南北の平和、さらに統一に向かっていきましょう」と締めくくりました。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  2. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  3. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  4. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  5. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...