記事一覧

第8連合会 日本と韓国の比較文化論を学ぶ


藤田小百合さん

藤田小百合さん 韓国の人気スター。韓国のレギュラー番組だけでも5~6番組を超える。東京都出身の日本人。

 

豊田支部は、韓国と日本の相互理解を深めようと、韓国TVで活躍している藤田小百合さんの「火の国、韓国と水の国、日本」の題材をテーマに比較文化論を学ぶ「東愛知勉強会」を4月19日に開催し、関係者ら6名が参加しました。
勉強会では参加者がそれぞれ経験してきた内容を述べ、相互理解のための話し合いの時間を持ち、長所と短所を見つめ、視野を広めることができました。
参加した在日三世の方は「韓国との試合になったら自分は韓国より、ついつい日本を応援してしまう。3世になってくると兄弟の中にも帰化者が出てしまい、友達の中にも帰化者が増えている」とし、「世の中に火が必要であれば、また水も必要であるように、火のような韓国人も水のような日本人も必要だ」と意見を述べました。一方、「韓国人がものをはっきり言うのは国柄なのでそれは仕方がないが、相手を見ながら言ってこそ通じ合うのではないか」という提案や、「韓国人と日本人を合わせて割る2にしたら丁度良いのではないか」というような冗談話もありました。司会役を務める事務局長は「このような内容を踏まえて活動を進め、日韓親善や南北の平和、さらに統一に向かっていきましょう」と締めくくりました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...